ABOUT US
LYNX & COMPANY JAPAN, INC.
4-1-7, Kita4jonishi, Chuo-ku Sapporo, Hokkaido, 060-0004 Japan

【2022年版】ローカルSEO(MEO)とは?検索結果で上位表示するための完全ガイド

サービス資料をダウンロード

Google ストリートビュー 撮影サービスの概要と料金プランを記載しています。

  • 「ローカルSEOの意味がよくわからない」
  • 「ホームページ経由の予約や問い合わせを増やしたい」
  • 「検索結果に表示される店舗情報の順きびし位を上げたい」

このようなお悩みや課題を持つオーナー様は多いのではないでしょうか。

地域系のキーワードを含むキーワードで検索(ローカル検索)をした際に、検索結果上部にGoogle マップに登録されている会社や店舗の情報が表示されるのはご存じでしょうか。

「ラーメン 札幌」や「整体院 札幌」、「美容室 札幌」など、「キーワード+地域」の組み合わせで検索することで、近くのおすすめの店舗情報が表示される仕組みとなっています。

「札幌 整骨院」掲載イメージ

結論として、ローカルSEOで上位表示させるための決定要素は

  1. 「(ユーザーが入力した検索語句との)関連性」
  2. 「(ユーザーが検索した)距離」
  3. 「ビジネスの視認性」

となっています。しかし、ローカルSEOの専門家によると、実際にはこの三点だけではなく他にも重要な要素が組み合わさって表示される順位が決められていると発表されています。

今回の記事では、このローカルビジネス情報で上位表示を狙うためにはどのような取り組みが必要か、わかりやすく解説していきます。

ローカルSEOとは?

ローカルSEOとは、検索結果に表示されるビジネス情報や Google マップなどの地図サービス上で、自社・自店舗の情報を上位表示させるための施策をいいます。

特に、店舗ビジネスを営んでいる方が取り組むべき施策となります。

近隣のビジネス情報などが表示されるエリアは「ローカルパック」と呼ばれ、自然検索結果(SEO)よりも上部に設けられているため最もユーザーの目に留まる位置にビジネス情報が表示されます。

あなたが地元で美容室を探したいとき、Google で「近くの美容室」や「美容室+地域」などのキーワードで検索することがあると思います。

このような検索をすると検索結果上部のローカルパックと呼ばれる箇所に、スコアと関連度の高いビジネスがリスト形式で表示されます。

ローカルSEOの上位表示を目指す最大の目的は「ユーザーの来店促進」です。数ページ後に表示されている店舗よりも、上位表示されている店舗のほうが見つけられやすいというのは言うまでもありません。

ローカルSEOが注目されるようになった背景とは

スマートフォンの普及・地図アプリの機能向上に伴い、ローカル情報を探しているユーザーがとても増えました。

今では地図アプリからのお店探しも常識化しつつあり、上位表示させることでより多くの見込み顧客の獲得に繋げることができ、ネット集客で必要不可欠な手法であるといえます。

2018年には、カリフォルニア州にあるGoogle 本社で行われたカンファレンスで、Google 担当者が「Google 検索の46%はローカル情報を探しているユーザーで構成されている」と述べたことから、Google 検索を利用しているユーザーの約半数が地域の情報を探していることが分かりました。

また、すべての Google 検索結果の29%にローカルパックが含まれており、スマートフォンでローカル情報を検索しているユーザーのうち76%は、その日のうちに店舗に訪れているというデータもあります。

上記のようなことから、SEO対策が主流だったWebマーケティングも、昨今では「ローカルSEO」が一層注目されています。

ローカルSEOは Google マップ内での施策ですが「なぜそんなに Google の関連サービスに注力するのか」と疑問に持たれる方もいらっしゃるのではないでしょうか。

理由は以下のとおりです。

  • 現在国内では70-80%が Google の検索エンジンを利用している(2022年7月現在)
  • 地図アプリでは99.4%が Google マップを利用している(iPhone純正マップは43.5%、Yahoo! マップは35.6%)
  • 84.1%がGoogle マップをカーナビアプリとして利用している

このように、多くの Google ユーザーがいることから、ネット集客の面において注力すべきであるとの結論に至ります。

ちなみにiPhoneの「Safari」も、初期設定では Google の検索エンジンです。

Google マップの店舗情報をクリック(タップ)すると、下の画像のような「ビジネスプロフィール(旧: Google マイビジネス)」が表示されます。

ビジネスプロフィール内では以下のようなさまざまな機能が備わっています。

  • 電話をかける
  • 口コミの投稿
  • 現在地からの道順とナビ
  • 投稿された写真の確認
  • 営業時間や定休日の確認
  • メニューを見る
  • クーポン(お得情報)の確認…など
ワンタップ電話問い合わせ
営業時間・定休日案内
道順の確認・ナビ
口コミの確認・投稿
投稿された写真を一覧表示
ビジネス概要の確認
サービスメニューの案内
クーポン等のお得な情報

今ではこのように、ビジネスプロフィールだけでも充分すぎるほどの情報を得ることができるようになりました。

以上のような理由から、SEO対策などが主流だったWebマーケティング業界も昨今では「ローカルSEO」が一層注目されています。

(出典:ROUNDTABLE|Did Google Say 46% Of Searches Have Local Intent?、RankRanger|Percent of Page One SERPs、Google|Consumer Insightsstatcounter、株式会社mov|地図アプリ利用率1位はGoogleマップ!

SEOやMEOとの違いは?

SEOは「Search Engine Optimization」の略称で、日本語では「検索エンジン最適化」と呼ばれる施策です。

SEOは自社のウェブサイトを自然検索結果の上位に表示させるための取り組みを指しており、ローカルパックや Google マップ内で上位表示を狙う「ローカルSEO」とは施策が異なります。

MEOは「Map Engine Optimization」の略称で、日本語では「マップエンジン最適化」と呼ばれています。意味合いとしては「ローカルSEO」と同義です。

実は「MEO」は日本のみで使われている言葉で、海外では「ローカルSEO」と呼ばれています。

押さえておきたい Google の理念

はじめに押さえておきたいのは、Google は企業理念に「ユーザーに焦点を絞れば、他のものはみな後からついてくる」「当初からユーザーの利便性を第一に考えている」と述べているほどユーザーファーストな企業であるということです。

ビジネスプロフィールはユーザーと交流することのできるSNSのような役割もあります。「検索結果で上位表示するために」というよりも「どのようにしたらユーザーに満足してもらえるか」という視点で取り組むことが重要となります。

同様に「Google のガイドラインを遵守する」ということも大切なポイントです。

企業理念にあるとおり、ユーザーに焦点を当てて起こした行動が結果的にSEOの上位表示につながるという点を念頭に置いておきましょう。

(引用: Google について|Google が掲げる 10 の事実

ローカルパックの順位を決める3つの要素

ローカルパックに表示されるビジネス情報は、通常の Google 検索結果と同様に、ユーザーのニーズに沿った情報を提供できるよう様々な要素から順位を決定しています。

公式で発表されているものとしては「関連性」「距離」「視認性(ビジネスの知名度)」を組み合わせて検索結果を表示しているとのことです。

①関連性

関連性とは、検索語句とローカル ビジネス プロフィールが合致する度合いを指します。充実したビジネス情報を掲載すると、ビジネスについてのより的確な情報が提供されるため、プロフィールと検索語句との関連性を高めることができます。

(引用:Google ビジネスプロフィールヘルプ|ローカル検索結果のランキングが決定される仕組み「関連性」

ビジネスプロフィールの内容を充実させることで、ユーザーが検索したキーワードとの関連性を高めることができます。したがって、ビジネスプロフィール内の項目は一つでも多く充実させた方がいいといえます。

注意
企業名は正確に入力しましょう。大文字小文字の使い分けや誤字脱字、店名にないフレーズ、店舗コードなどを付け加えるのは禁止されています。
(例)○TSUTAYA
✖︎Tsutaya ✖︎TSUTAYA-1234 ✖︎TSUTAYA 0120-000-000
また、店名の前に「札幌で一番人気!!〇〇ラーメン」「地元で一番!〇〇修理店」「全商品50%引き!〇〇アパレル」などのフレーズの入力もNGです。
こちらはガイドライン違反行為となります。場合によってはアカウントの停止、順位が極端に下がる、検索結果からの削除などのペナルティが課せられる可能性もあるため絶対にやめましょう。

②距離

距離とは、検索語句で指定された場所から検索結果のビジネス所在地までの距離を指します。検索語句で場所が指定されていない場合は、検索しているユーザーの現在地情報に基づいて距離が計算されます。

(引用:Google ビジネスプロフィールヘルプ|ローカル検索結果のランキングが決定される仕組み「距離」

ローカルパックは、ユーザーが検索する位置情報によって順位が変動します

勤務先とご自宅が離れていると、勤務先では店舗が上位表示されていても帰宅すると順位が変動しているということもあります。こちらはユーザーの検索位置情報が加味されてローカルパックの順位が変動するためです。

何か特別なアクションを起こすことはできませんが知っておくといいかもしれません。

③視認性(ビジネスの知名度)

視認性の高さとは、ビジネスがどれだけ広く知られているかを指します。(中略)たとえば、有名な博物館、ランドマークとなるホテル、有名なブランド名を持つお店などは、ローカル検索結果で上位に表示されやすくなります。

(引用:Google ビジネスプロフィールヘルプ|ローカル検索結果のランキングが決定される仕組み「視認性(ビジネスの知名度)」

ローカルパックの順位は、ビジネスの知名度やビジネスプロフィール内の口コミ数・評価(星の数)も考慮されます。したがって、評価が高く口コミ数が多い・認知度の高いお店は上位表示される仕組みとなっています。

さらに、ローカルパックは通常の自然検索結果(SEO)もランキングに考慮されます。

ランキング改善の4つの方法

①ビジネスのオーナー確認を行う

Google ヘルプには、ビジネスオーナーの確認を行うことで検索サービスに表示される可能性が高くなると記載されています。営業時間の更新や、口コミへの返信もできますので登録しましょう。

②常に最新の情報を提供する

ビジネスプロフィールの新規登録時やビジネスオーナーの登録時など、住所や電話番号は正確に入力しましょう。また、臨時休業や祝日の設定などは常に最新の情報を提供するようにしましょう。のちほど紹介しますが、事前に設定することもできます。

③口コミへの返信をする

Google ヘルプには、ランキング改善をするために「口コミの管理と返信を行う」との記載があります。 Google はユーザーファーストなので、返信をすることでユーザーの意見を尊重しているからと考察できます。ユーザーに満足してもらうことでリピーター獲得にもなり得ますので、口コミ機能は積極的に返信するようにしましょう。

④写真を追加する

カバー写真、外観、メニュー、商品写真、ストリートビューなどの高画質な写真を複数枚追加しましょう。情報をすぐに求めているユーザーほど、ビジネスプロフィール内の情報を参考にします。最近では、ローカルSEOの上位表示を狙い、ストリートビューを取り入れている企業様も多く見受けられます。


実は、先ほどビジネスプロフィールの画像で紹介した札幌の美容室「ヘアサロン MEIKA 札幌大通店」様は、

  • 月毎のこまめな情報更新(お得情報など)
  • 入力欄はほぼ全て入力済み
  • 1件1件ユーザーへの丁寧な口コミ返信
  • Google ストリートビューの導入など…

全て実施されていました!ローカルSEO1位であるのが納得できる結果となっています。

(出典: Google ビジネスプロフィールヘルプ|Google のローカル検索結果のランキングを改善する方法

ローカルSEOの専門家による見解

公平性の観点から Google アルゴリズムの詳細は公開されていませんが、カナダの Whitespark が発表した2021年のローカル検索ランキング要因調査のデータによれば、順位を決める要素には主に以下が重要であると考えられています。

GMB(ビジネスプロフィールのビジネス情報)

woman under white cloth

Reviews(ユーザーからの肯定的な口コミ)

text

On-page(Google のレビューで使用されているキーワード)

Links(ドメインオーソリティ、ドメインの年齢、被リンク)

yellow rotary telephone

Behavioral•Citations(行動、引用)

person holding red round medication pill

Personalization(検索履歴、検索した場所)

Whitespark はカナダでローカルSEOのサービスを専門としている企業です。

それぞれ解説しますので、ひとつずつ見てみましょう。

GMB(ビジネスプロフィールのビジネス情報)

GMBとは、 Google My Business(現在: ビジネスプロフィール)のことです。

ビジネスプロフィールのビジネス情報は、

  • ビジネスオーナーの登録
  • ビジネスプロフィール内の情報は常に最新の状態に保つ
  • 営業時間の更新など

を徹底して行うようにしましょう。

初めて登録する場合、 Google からビジネスオーナーであるかどうかの確認作業が実施されます。確認方法を「ハガキ」にした場合、通常14日ほどで「確認コード」が届きます。しかし、現在は新型コロナウイルスの関係で通常よりも遅延が発生している可能性がありますので早めに申請することをおすすめします。

ビジネスオーナーの登録は、ローカルSEO上位表示に反映される要素ですのできちんと登録しましょう!

ビジネスプロフィール、ビジネスオーナーの登録方法

1.新規事業や、ビジネスプロフィールが登録されていない場合はこちらのビジネスプロフィールの登録画面から、登録が行えます。ビジネス名とビジネスカテゴリにそれぞれ入力します。

1-2.既にビジネスプロフィールが存在している場合は、下記の「ビジネスオーナーですか?」をクリックします。

既に存在している場合は、おそらく情報がほぼ入力されていると思うので訂正していきながら進めていきます。

2.ユーザーが来店できるかを選択します。

3.住所を入力します。建物名やビル名などは正確に入力しましょう。

4.連絡先の情報を入力します。第3番号まで登録できますが、実際にビジネスプロフィールに表示されるのは一番上に登録されたもののみです。のちほど詳しく触れますが「HOT PEPPER」などの専用ダイヤルなどがある場合は、第2,第3番号に登録しましょう。

5.ビジネスオーナーの確認方法を選択します。業種により異なりますが、基本的には電話やハガキなどでオーナー確認を行います。

6.営業時間の追加を行います。

7.メッセージ機能の有無を選択します。店舗が混み合う可能性がある場合、無効にしておいた方がいいかもしれません。

8.店舗の提供しているものを選択します。

9.店舗の説明を記入します。

10.写真の追加を行います。先述しましたとおり、上位表示に重要な要素となってきますので、カバー写真、外観、メニュー、商品写真などの高画質な写真を複数枚追加しましょう。

11.広告の掲載有無を選択します。今回はスキップします。

12.「続行」をクリックし「おめでとうございます。リスティングが作成されました。確認方法を選択してください」と表示されれば仮登録完了です。

ビジネスオーナーの確認方法をハガキにした場合は「確認コードが記載されたハガキ」が郵送されてきます。

ビジネスオーナーの確認コードを入力するまでは仮登録なので、変更しても Google マップなどに反映はされません。

「確認コード」には期限がありますので、届いたら早めにオーナー登録を済ませましょう。

(参考:Google ビジネスプロフィールヘルプ|ハガキによるビジネス プロフィールのオーナー確認の方法

営業時間の更新方法

続いて営業時間の追加や定休日の更新方法について紹介します。

1.「ビジネス情報を編集」をクリックします。

2.「営業時間」タブに合わせると、営業時間の変更ができます。

3.決まった時間で営業している場合は以下のように必要に応じて入力します。

営業時間が2部制の場合

営業時間は、11:00〜14:30, 17:00〜20:00のように2部制の時間表記もできます。

また「日付をまたぐ営業時間」の入力も可能です。営業時間が金曜日の20:00〜翌3:00の場合は、金曜日 20:00〜0:00、土曜日 0:00〜3:00と入力します。

今後の休日を先に設定する方法

「営業時間」タブの少し下の方に下がると、少し先の休日の営業時間を更新することができます。

チェックボックスにチェックを入れると「営業」となります。

チェックボックスからチェックを外すと「休業」となります。ユーザーが困惑してしまわぬよう、時短営業や臨時休業になる場合などは必ず更新しましょう。

また、下に記載のある「日付を追加」を選択すると、任意の日付の営業時間の変更や休日の設定を先にすることもできます。

Reviews(ユーザーからの肯定的な口コミ)

先述しましたとおり、 Google の高評価な口コミも上位表示に欠かせない要素となっています。

さまざまな「地域+業種」を検索しているとわかりますが、実際に上位表示されている店舗や企業は口コミの数が多く、高評価なものばかりです。

Google がユーザーファーストであるということが実証されていると見受けられます。

口コミへの返信のガイドラインは以下のようになっています。

・厳しい意見に対しては、個人的に捉えず、プロフェッショナルな対応を心がけましょう。
有益で、読みやすく、礼儀正しい返信を心がけてください。クチコミと同様に、返信も Google のポリシーを遵守している必要があります。
 

・簡潔で読みやすい文章で返信します。
顧客が求めているのは、役に立つ誠実な返信ですが、返信が長すぎると読む気をなくすこともあります。
 

・クチコミ投稿者に感謝の意を示します。
(中略)すべてのクチコミに対して感謝の意を公に表明する必要はありません。
 

・ビジネスライクにならず親しみのある対応を心がけましょう。
クチコミを書いたユーザーはすでに顧客となっているので、見返りを提示したり勧誘したりする必要はありません(中略)。

(引用:Google ビジネスプロフィールヘルプ|クチコミへの返信に関するヒント

みなさまも実際に口コミを投稿した際、お店から返信が来たら嬉しいと感じるのではないでしょうか。一層ユーザーに満足してもらえるよう、ここでは口コミの返信の仕方について紹介していきます。

口コミ返信の方法

1.自店舗の口コミをクリックします。

2.ユーザーの口コミに「返信」します。

悪い評価がついてしまったときは?

適切な対応をされていても、思ったような評価がつかないという可能性はどのお店でもあり得ます。そのような場合は、できるだけ早く真摯に対応するようにしましょう。

ユーザーの気持ちに寄り添い、心のこもった返信をすることで投稿者が削除(または内容を変更)する可能性もあります。

例え悪い評価がついてしまっても、その返信を見た他ユーザーの印象も大きく変わってくるでしょう。

また、誹謗中傷に関しては Google へ削除申請を依頼できます(必ず削除されるというわけではなく、申請が通れば削除される仕組みとなっています)。

否定的なコメントに対してのガイドラインは以下のようになっています。

・クチコミ投稿者の個人データを公開したり、個人的に攻撃したりしないでください。
Google マップなどの他のサービスや現実世界においても同様です。(中略)クチコミの投稿後に適切な対応を取り、顧客を大切にしていることを返信で示すことで、投稿者は多くの場合、元のクチコミを更新してくれます。
 

・クチコミ投稿者がビジネスに対して悪印象を抱いている原因を調査しましょう。
 
・誠実さを心がけましょう。
起きてしまったミスについては誠意をもって対応しましょう。ただし、自分たちに非がないことについては、責任を負うことを避け、現時点で対応できることと対応できないことを説明しましょう。(中略)
 

・謝罪が必要な場合は、謝罪しましょう。
思いやりの気持ちを伝えて共感を示すのが最も大切なことです。
 

・実際の担当者が対応していることを示すために、ご自身の名前やイニシャルを添えましょう。
相手からの信頼を高めることにつながります。
 

・迅速な対応を心がけましょう。
顧客のエクスペリエンスに配慮する姿勢を示します。

(引用:Google ビジネスプロフィール ヘルプ|否定的なクチコミに返信する場合のおすすめの方法

レビューを報告する方法

1.口コミの右側の3つの丸をクリックします。

2.該当するものを選択して「報告を送信」します。

On-page(Google のレビューで使用されているキーワード)

On-page(オンページ)とは、NAP情報が統一されているかなどが反映されます。

NAPとは、Name(名前)・Address(住所)・Phone(電話番号)のことです。NAPはローカルSEOにおいて特に重要な要素となるため、正確に記入し他媒体と統一させるようにしましょう。

ではなぜ、NAPを他媒体と統一させる必要があるのでしょうか。

わたしたちのような人間であれば、多少企業名や住所の表記が違っても同じ場所と判別することができます。しかし、実際にインターネット上の情報を読み取るのは Google の「クローラ」と呼ばれるロボットです。

「ぐるなび」「エキテン」「HOT PEPPER」「Facebook」「公式ホームページ」などの、店舗名や建物名の表記が相違していると、クローラが巡回した際に同じ場所と認識するのに時間がかかる、または認識されないということもゼロではありません。他媒体で省略されしまっている場合は訂正しましょう。

補足
現在、Google 検索や Google マップでの表記は半角と全角が混じる仕様となっています。
Google ダイヤモンドプロダクトエキスパートによると、半角や全角の表記はあまり意識する必要がなく、それよりも店舗名やビル名を正しく入力した方がいいと言われています。
もし気になる場合は、一度 Google ビジネスプロフィールで入力し、表記されたものをコピーし、貼り付けるといいかもしれません。
(参考: Google ビジネスプロフィールヘルプ| Google マイビジネスの住所の数字は全角に変換されるのも仕様でしょうか?

NAP項目変更の方法

それでは実際にNAPそれぞれの変更の仕方を紹介します。

1.「ビジネス情報を編集」をクリック(タップ)します。

2.「ビジネス名」の隣の円筆マークをクリックします。

3.ビジネス名を変更できるようになりました。必要に応じて変更します。

4.同様に 2 の状態で下に下がっていくと「電話番号」「住所」なども変更できます。

媒体の専用ダイヤルと店舗の電話番号が異なる場合

「HOT PEPPER」「ぐるなび」「カーセンサー」「グーネット」など、専用ダイヤルがある場合、NAPのPが異なってきます。

予約サイトをビジネスプロフィール内で連携するので特に問題はありませんが、もし揃える場合は、ビジネスプロフィール欄に第2、第3番号を追加しておきましょう。

実際にビジネスプロフィールに表示されるのは1番目に入力したものだけなので、料金もかからず安心ですね。

Links(ドメインオーソリティ、ドメインの年齢、被リンク)

Links(リンク)は、ウェブサイトのドメイン評価を指します。

ドメインオーソリティ(DA)とは簡単にいうとドメインのスコアのことです。SEO対策においても被リンクの数は影響を受けますが、ローカルSEOも同様に被リンクの数や質に影響を受けています。

企業や店舗のウェブサイトのドメインがどれくらい強いか弱いかがローカルSEOにも反映されているとのことです。

\ 登録不要で誰でもご利用いただけます /

ドメインスコアをチェックする(無料)

Behavioral、Citations(行動、引用)

Citations(サイテーション)とは、企業や店舗が他のサイトから言及(引用や紹介)をされているかどうかです。

言及されている企業や店舗ほど、ビジネスプロフィールは上位に表示されやすくなります。この点は、視認性(ビジネスの知名度)が関わってくる要素といえます。SNSなどの投稿したものを引用されてもサイテーションに加算されると言われています。

Behavioral(ビヘイビアラル)とは、ユーザーが「ウェブサイト」「電話」「経路案内」のボタンをクリックしたなどの情報が反映されます。

Personalization(検索履歴、検索した場所)

Personalization(パーソナライズ)は、検索をしたユーザーの過去の検索履歴、検索した場所などが反映されます。

ローカルSEOの順位はパーソナライズされており、皆が必ず同じ順位で表示されないというようになっています。影響を受ける要素としては「検索した位置」「過去に検索したかどうか」などです。

また「女性に人気」などの口コミが多く記入されている場合、女性の検索者に対して表示される割合が多くなります。

(参考: Google ビジネスプロフィール ヘルプ|いきなり順位が落ちるのはなぜですか

まとめ

ローカルSEOは、どのような要素や仕組みで順位が決まるのかおわかりいただけましたでしょうか。

すぐに結果を出せなくても、できることはたくさんあります。

難しそうに見えますが、業者に依頼せずとも無料で簡単にできますので、ひとつずつ確実に更新していきユーザーが満足してもらえるようなお店づくりをしましょう!

無料Webマーケティングのヒントを受け取る

Author avatar
Akiho
人見知りですが、人と話すのは好きなアカウントプランナー兼ライター。動物、甘いもの、温泉が大好き。デジタルマーケティングを通じて、皆さまのビジネスと共に自分も成長させていただくことが目標です。